長男、無事帰還

[ 2013/07/31 07:07 ] 子供たちの事 |
『帰還』なんておおげさですが、
我が家の長男が、4日間の林間学校を終えて無事 帰ってきました。

P1080397 - コピー

また 昨晩から、やかましさが戻ってまいりました。(><)

よかった、よかった。。。 かな?

まずは 録画してあった キョウリュウジャー と ウィザード。
見たくて見たくてしようがなかったんだよね。

行った先では あいにくの 雨続き。

おかげで、ハイキングに キャンプファイヤー、星空観察など、
ほとんどの予定をこなすことができなかったようです。

まっ、こんなこともあるさ。

噂のマズい食事は本当のようで、
特に3日目の夕飯がひどかったらしく、
「僕とY君だけ全部食べて あとはみんな残してた」と。

おー エライ エライ! って、
ウチで普段 どんなもん食べさせてるんだ?
まっ、いっか~。

この間 弟は、退屈で飽きたようで、毎晩8時には寝てしまってました。

KIMG0150 - コピー

この4日間で、残された親としては、意外な感情に陥りました。

家族がひとり減ることで、
家の中は日頃の闘いごっこから解放されて「あー 静かだぁ~」
となるのでは? という当初の予想でした。

そして現実には、その予想は最初の1~2日だけ。
やっぱり 4日間は長い。

もちろん、始終、寂しかったけど、
「ちゃんと布団掛けて寝てるかな?」とか、
「ちゃんとご飯いっぱい食べてるかな?」とか、
「みんなとうまくやってるかな?」なーんて心配はしてましたけどね。

では、それ以降の意外だったこととは・・・

残った次男への監視が強まったことです。

これは意外だったなぁ。

食べこぼしが妙に気になる、とか。
ズボンのチャックが開いている、とか。
こんな問題もわからないのか、とか。 なにかと目についてしまう。。。

いつも二人に翻弄され、
気づかずにスルーしてしまってたことが見えてきたようです。

二人きりですが、意外とふし穴になってたんだと気づかされましたネ。

しかし~ 逆に言えば、
一人になると、過干渉になってしまうものだとも思いました。

適度な子育て、どこまで どうしたらいいか。。。

いつまでも・・・ 親育て?が終わりませんね。


  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/07/31 07:07 ] 子供たちの事 | TB(0) | CM(8)

santapapa 様

いつも ありがとうございます。

土日を含んだ4日間でしたから
私にも影響のある 長い長~い4日間でした。
「寂しい」とかを通り越して
発見・気づきがあって
残された親も、ある意味 有意義だったかも・・・。
あらためて 存在の大きさを感じましたね。
[ 2013/08/01 10:34 ] [ 編集 ]

No title

おでかけ親父さん、こんにちは。

長男くん、お帰りなさい!
おでかけ親父さんにとっては長い4日間だったようですね。
でも、次男くんとの関わりも新たな発見があって良かったんでは?
過干渉かどうかはさて置き、今までスルーしていたことが見えた事は損なことではないでしょうしね。
一人っ子の我が家にはあまりピンッと来ないお話ですが…。
ハッキリ言えることは、長男くんはおでかけ親父さんご家庭には欠かせない存在だってことですね。(^_^)v
[ 2013/07/31 22:31 ] [ 編集 ]

ぱーくまま 様

ちゃんと食べたのはエライんですけどね、
170人中、2人しか食べられないほどマズイのに完食するなんて、
普段の食生活を疑われちゃう?

いえいえいえ。
一人、二人が正解とか 三人が正解とかないでしょう。
それぞれの良さがあるってもんです。
第一子の感覚は同じですね。
ウチは2歳4ヶ月差。
弟が産まれてからは、
「いままでなんて構いすぎてたんだろう」って思いましたもんね。
でも、未だにどこまで手をかければいいか?って、わからないまま。
永遠のテーマですね。
[ 2013/07/31 21:38 ] [ 編集 ]

No title

長男くん、お疲れ様でした!!!
みんなが残すご飯も残さず食べれるなんて、偉い(*^^)v

私、くうちゃんが一人っ子だったら、かまい過ぎだっただろうなーと、思ってます(^_^;)
こんちゃんが産まれるまで、私が構いすぎたので、いまだにくうちゃんは一人で遊ぶこともできない(^_^;)
そして、今は目が届かず、教育が行きとどいてないだろうなーと思います(汗)
やっぱり、二人ぐらいがちょうどよいのかしら☆
[ 2013/07/31 21:11 ] [ 編集 ]

みこ 様

まだ・・・
ほとんど土産話を聞けてません。
昨日も私が帰ってから
1時間後くらいに寝ちゃったしね。
ま、父親なんてそんなもんでしょう。

干渉しすぎかどうか、
人によって尺度は違うし、
端から見れば大したことなかったりする。。。
こればかりは わからないですよねぇ。
まぁお母さんの発言は、わかる気がするぅ
[ 2013/07/31 16:26 ] [ 編集 ]

No title

健太くん、お帰りなさい!(^▽^)
お天気はちょっと残念だったけれど、
きっと色んな経験して学んできたんでしょうね。
たくさんのお土産話があったことでしょう♪

その間におでかけ親父さんが感じられたこと。
それは、私のいつもの悩みなんです。
ウチは一人っ子。
何もかもが、息子に注がれる。
どんなことも、過剰になるんです。
母に育児について相談した時、
「3人の子育てにあたふたしてて、
なーんにも感じなかった!」
と言い放たれました。(;´∀`A
しかし、考えすぎず、
我が家ならではの距離感を
つかんでいきたいな~って思います!
[ 2013/07/31 13:13 ] [ 編集 ]

ウインオータム 様

うわっ
綺麗なコメントありがとうございます。

そうなんです、
後半は 次男にガミガミ言ってる自分にふと気づきました。
「いかん いかん」と思いつつも
つい「あーせい、こーせい」と口うるさい自分がいた。。。

良いのか悪いのか・・・
1日経って 落ち着いて感じることは、
マイナス方面が大きかったかなと・・・。
それだけやっぱり、子供の存在って大きんですね。
いつか 出て行っちゃうけど・・・
[ 2013/07/31 11:24 ] [ 編集 ]

No title

子供が一人いないだけで、
静かで寂しいのは想像できますが、
一人減ったことにより、もう一人に対して目が向くっていうのは
想定外です~なるほどです。
でも、それも良いことでもあり、悪いことでもあるようですね。
確かに干渉しすぎるのもよくありませんし、
子育ての難しさをあらためて考えさせられます。
それと同時にやはり子供の存在って大きいものだとも思いました。

なにわともあれ健太くんお疲れ様でした。
[ 2013/07/31 10:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ns626.blog.fc2.com/tb.php/612-f2cf713f